タウリンサプリに副作用はあるの?

タウリンに副作用あるの?

 

タウリンサプリはどんな人におすすめ?

 

どんな人にタウリンサプリメントがお勧めになっているのでしょうか?自分もタウリンサプリメントを摂取するべきなのか迷っているのであれば、下記を見て摂取するべきかどうか考えるようにしてみてはいかがでしょうか?

 

普段からお酒を飲んでいる

 

普段からお酒を飲んでいるというのであれば、タウリンサプリメントを摂取するべきです。また、毎日飲まないにしても、飲み会などでかなりの量のお酒を飲んでしまうという人も、タウリンサプリメントでタウリンを摂取するようにしたほうがいいです。

 

お酒を飲んでもあまり酔わないという人もいると思いますが、お酒を飲むとすぐに酔ってしまう人よりも、タウリンサプリメントを摂取したほうがいいといわれています。普段からお酒を飲んでいるのであれば、肝臓の働きも弱くなりやすいです。ですので、肝臓のアルコール分解作用のサポートをするためにも、タウリンを積極的に補給したほうが良いのです。

 

ただし、タウリンサプリメントさえ摂取していれば、肝臓の健康が保たれるというわけではありません。ちゃんと肝臓を休ませる日も作ったり、飲み過ぎないようにすることが前提です。

 

普段から目を酷使してしまっている人

 

パソコンなどで仕事をしていて、普段から目を酷使してしまっている人というのは、それだけ目の負担が大きくなってしまいます。眼球にもタウリンが含まれていますから、タウリンサプリメントを摂取するようにして、目の疲れを少しでも取り除くようにしたほうがいいでしょう。

 

体が疲れてしまっている人

 

タウリンというのは、疲労回復作用があるといわれています。ですから体を動かしたり肉体労働をしているという人も、積極的にタウリンサプリメントを摂取したほうが良いのです。筋肉の中にも、タウリンが含まれているのですが、体を動かすことによって、タウリンが消費されてしまいます。体を動かしていない場合でも、体がだるかったり疲れを感じるのであれば、タウリンが不足している可能性がありますので摂取したほうがいいでしょう。

 

いかがでしょうか?ここで紹介したような条件に該当している人は、タウリンサプリメントを摂取することで、問題を改善させることが出来るようになるかもしれません。

 

タウリンが不足すると肝臓が衰える

 

肝臓のサポートをしてくれる役割を持っているのがタウリンなのですが、このタウリンが不足した場合、肝臓の働きが弱くなってしまう可能性も高くなってしまいます。

 

コレステロールが多く含まれているものを中心に食べている人や、お酒を毎日のように飲んでいる人というのは、特にタウリン不足にならないようにしなくてはなりません。今回は、タウリンが肝臓にどのような影響を与えるのかについてお話をしていきます。

 

アルコールの分解作用

 

タウリンを投与していないマウスとタウリンを投与しているマウスにアルコールを与えて、血中アルコール濃度を調べたところ、タウリンを投与したマウスのほうが明らかにアルコールを分解するスピードが速かったことが分かっています。

 

肝臓というのは、アルコールや毒素などを分解してくれるのですが、肝臓単体だとかなりの負担を与えてしまうことになります。タウリンを与えることで、肝臓の負担を軽減させることが出来るため、肝機能の低下を防ぎやすくすることが可能になっているのです。

 

肝臓に負担を慢性的にかけてしまっていると、肝臓病などの原因になってしまう危険性が高くなってしまいます。タウリンが多く消費されてしまうような生活習慣をしているのであれば、タウリンが不足しないように摂取していくことと、生活習慣を改善することが求められます。

 

コレステロールを排出させる

 

肝臓というのは、胆汁酸が分泌されているのですが、この胆汁酸が分泌されることによって、体内の必要ないコレステロールを排出させることが出来るようになっています。タウリンというのは、胆汁酸の分泌を促してくれる作用があるため、結果としてコレステロール値を低下させやすくすることが出来るのです。

 

お酒はほとんど飲まないのに肥満になってしまっているのであれば、コレステロールを摂取しすぎてしまっているのかもしれません。このような場合は、食事によるコレステロールの摂取を減らすようにして、反対にタウリンが多く含まれている食べ物などをしっかり食べるようにしましょう。

【健康コラム@】血液サラサラにすっぽんが良いの?

 

血液というのは、生きるために必要なものです。ですので、血液の状態を良い状態に保つ必要があるのですが、現代人というのは血液に問題が生じている人がとても多いです。ドロドロした血液になっている人は、改善するようにしていかなくてはなりません

 

ドロドロした血液のままにしておいてしまうと、高血圧や動脈硬化、心筋梗塞などのような生活習慣病に発展する可能性が高くなります。ですから、少しでも早くドロドロの状態の血液をサラサラにしていく必要があります。

 

参考:http://xn--48ja9mb5939emk7a.com/supplements/

 

以前は中高年の人がドロドロした血液になっていることが多かったのですが、最近は若い人でも安心することはできません。偏食をしてしまっている人が多いため、20代でも血液がドロドロになってしまっていることも珍しくないのです。

 

今は特に健康に問題が生じていないように思っているとしても、将来的にいつ生活習慣病を発症してしまうか分からないのです。その血液の状態をサラサラにする作用を持っているものとして、すっぽんも注目されています。

 

すっぽんというと、滋養強壮効果がとても知られているのですが、血液の状態をよくする作用も持っているのです。ですから、普段からすっぽんを食べるように心がければ、血液の状態を改善させやすくすることも可能になります。また、すっぽんには、腎臓や肝臓、心臓の機能を高めてくれる作用も期待できます。

 

現在、生活習慣病を発症する人や予備軍の人が多くなってきており、生活習慣病対策をしようとしている人も急増しています。中でも、血液の状態が悪いと生活習慣病になりやすくなるということは広まってきていますので、サラサラした血液にしたい人は多いでしょう。血液をサラサラにするというのは、すぐにはできないですが、誰にでも実践をすることが可能です。

 

病院で適切な治療をしてもらうことも必要ですが、病院だけに頼るのではなく、自分でも普段から意識をすることによって、よりスピーディーに改善させていくことも可能になるのです。その手段の一つとして注目されてきているのが、すっぽんなのです。

二日酔い予防にタウリンが効く!

 

お酒の場は楽しいものですが、飲む時に予防できる二日酔い対策があれば、それに越したことはありませんが…。二日酔いは、果たしてどこまで予防出来るのか?ちょっと調べてみましょう!!

 

<飲むペースをコントロール>

 

『ゆっくり飲むだけ』で二日酔いの予防になります。「えっ!!そんな簡単なこと?」と思うかもしれませんが、飲むペースを守ること、これだけで次の日の状態を明らかに変えることが出来るのです。

 

もう少し詳しく言えば、飲む速度と言うよりも「アルコールが体内で吸収される速度を遅くする」と言った方が正しいでしょう。空腹の時に「一気にがぶ飲み」するのが一番いけないことで、たった1杯のビールであっても、二日酔いに大きく近づきますので注意をしてください。

 

<空腹のまま飲まない>

 

空っぽの胃に濃度の高いアルコールを一気に入れると、一気に吸収と分解が始まって急激な有害物質の増加となります。二日酔いどころか飲んでいる最中にでも健康を害する危険性が出てきます。『お腹が空いている時は、まず何か食べ物を口に入れてからにしましょう!!』

 

アルコールがゆっくり吸収されます。つまり血中のアルコール濃度がゆっくり上昇することに…。胃の中に食べ物があれば吸収が遅くなり、低血糖の状態にもなりにくいので二日酔いの予防にもなります。お酒と一緒に水分を摂ることも大きな予防になりますよ。チェイサー(強いお酒の後にすぐ飲む水や軽い飲み物のこと)を飲む習慣のない日本人は、スープ系のものや味噌汁を一緒にに摂ると良いでしょう。

 

<肝臓に栄養を>

 

アルコールの分解は、とにかく肝臓の働きが頼りです。お酒を楽しく飲むためにもは、肝臓にエネルギーを与える食事を一緒に摂ることが必須!!二日酔いの原因の中に低血糖がありますが、これは肝臓が溜めているグルタミンが不足して起こります。

 

・肝臓の機能を高めるスルフォラファン
・アセトアルデヒドを分解するときに働くアラニンやグルタミン・オルニチンやタウリンなどを含む食品を摂取すると、二日酔いの予防につながります。

 

二日酔い予防におすすめ!⇒タウリン サプリ

更新履歴