太陽電池の主な種類

トップページ > 太陽電池の主な種類

太陽電池の主な種類

太陽光発電システムの中核とされる太陽電池には、さまざまな種類が存在しています。太陽光発電システムには必要不可欠な太陽電池ですが、その構成素材や構造によってそれぞれ分類されています。開発中の種類を含めると、全ての種類を挙げるのはキリがありません。

 

ここでは、現状普及が進行している太陽電池の種類について取り上げていきます。太陽光発電への理解を深めるために、参考になれば幸いです。

 

太陽電池の種類には、「シリコン系」と「化合物半導体系」があります。シリコン系は、さらに「結晶系」と「非結晶質系」に分けることができます。シリコン系の結晶系で挙げられる太陽電池には、単結晶シリコン太陽電池、多結晶シリコン太陽電池があります。

 

現状、最も大量生産が進んでいるのがシリコン系の結晶系太陽電池であり、発電効率に優れた単結晶または多結晶のシリコン基板が扱われています。

 

一方、非結晶系の太陽電池では、アモルファスシリコン太陽電池が挙げられます。今後、低価格化されるのではないかと期待が寄せられている太陽電池です。ガラスあるいは金属などの基板上に、薄膜状のアモルファスシリコンを形成して出来上がっています。

 

化合物半導体系の太陽電池には、「結晶系」があります。化合物半導体系の結晶系となると、単結晶化合物半導体太陽電池、多結晶化合物半導体太陽電池が挙げられます。

 

いずれも主原料は複数の種類におよぶ元素で、単結晶のものは人工衛星などの特別な用途に用いられています。多結晶の太陽電池には、目的や使い方に応じて様々な素材や構造が存在しています。