脂肪溶解注射の危険性とは?

トップページ > 脂肪溶解注射の危険性とは?

脂肪溶解注射の危険性とは?

脂肪溶解注射は、脂肪細胞を減らす結果がもたらされるため、リバウンドしにくいというメリットがあります。メスを入れることもないため、安全で手軽な痩身方法として注目されています。今のところは、長期的な使用による副作用も報告されていません。

 

フランスやアメリカ、韓国などでは、医療用として治療に利用されているほどです。日本では、まだ年数が浅いという理由からそこまでには至っていません。というわけで、実際にはまだまだ不明な点が残されているというのが脂肪溶解注射の実状です。

 

脂肪溶解注射に考えられるリスクとしては、例えば手術する医師によっても異なる例があるようです。脂肪溶解注射の成分はハッキリと定まっていないということから、医学的根拠が明確でないのを問題視する声もあるほどです。

 

医師の技術にも、不安がある場合があります。慣れている医師なら別ですが、これだけ急速に脂肪溶解注射が注目されたことで、知識や技術が乏しい医師までとりいれる可能性が出てきたのです。

 

注射ができれば良いというように考えられがちですが、効果をしっかり出すには実績を積んだ医師に手術してもらったほうが確実でしょう。

 

このようなことを考慮して、しっかり専門知識と技術を習得している医師を探すことが成功の秘訣となりそうです。費用の安さに飛びついて、取り返しのつかないようなことになってしまってはいけません。症例数の多い病院や医師を探して、クチコミなども参考にしながら病院を決めましょう。